親戚のお姉さんたちと大人だけのゆっくりゆったり温泉旅行

温泉旅行

親戚のお姉さんたちと三人で温泉旅行に行きます。しかもその親戚とは私と血縁関係のある親戚ではなく、みんな主人の親戚です。結婚した相手の身内と旅行に行くなんて、と思う人は思うと思います。私も自分でどうかしたかと思いました。しかもその旅行、主人は動向しない、女子会なのです!

私自身は、私自身の家族とここ数年旅行に行ってないのですが、なかなかチャレンジャーな出来事です。さらに驚くべきことに、このとんでも旅行の発案者は、他の誰でもない私自身なのでした。

私自身が旅行がすき、ということもありますが、普段からこの親戚のお姉さんたちは私たち夫婦によくしてくれました。私自身は、自分の家族は普通に過ごしていますが、その他の親戚とは疎遠と言っても間違いないくらいの関係です。そのため、年に二回以上会う親戚、というのはとても不思議な存在であり、嬉しい存在なのです。

今回、どうして旅行に行くかを決意したかというと、親戚のお姉さんたちは二人とも子どもが二人いる家庭なのですが、育児に関していわゆるワンオペ家庭とのことで、平日も休日もずーっと子どもの相手をしていて大変そう、というのがきっかけでした。

もちろん専業主婦であれば家事は全部やらないと、というのが私の認識ではあります。しかしその他の親戚のイベントにもいつも旦那さんは出てこず!私はここしばらくお姉さんとしか会っていないのです。「え、それってお姉さんたちすごく大変なんじゃないの?」ママ友とランチをする機会だってあるかもしれません、でも全ての予定は子どもといっしょ!

母親なのだから当たり前なのかもしれませんが(ちなみに私は母親ではありません)、休みの日だってお父さんは休んでいて子供たちと遊んでくれないとのことで、それじゃあお姉さんたち全然休まらないじゃないか!と一念発起しました。

そこで計画したのが今回の温泉旅行です。子供たちを小学校へ送り出したあと、お昼頃の電車にのって目的地に出発します。ゆっくり昼食、ゆっくりカフェ、ゆっくり夕飯、ゆっくりお風呂!とにかくゆっくりのんびりゆったり、自分達のペースで楽しく楽しく過ごして欲しいというのが企画の主旨です。もちろん子供たちがいるので、一泊した後も夕方5時は自宅に帰り着く計画です。

いざ、本番が近づいてきてちょっと緊張してきましたが、お姉さんたちに楽しんでもらえるよう、当日も精一杯エスコートをしたいと思います。いい天気になりますように!